月別アーカイブ: 2011年11月

海外衝撃映像のネタがかぶる理由

>日本の番組で流される衝撃映像のネタ元は「海外の代理店から数ヶ月ごとに持ち込まれる」もので、「だから、他局とネタがかぶる」とVTR使い回しの実態を明らかにする。

http://news.livedoor.com/article/detail/6021563/

海外映像を使った番組は最近夜も朝もよく見るなあという印象ですが、そういえばこの映像はどこかで見たことあるなというのは、海外の映像の代理店が日本のテレビ局に売り込んでいるので、こういうことが起こるのですね。正直あんまりおもしろいとは思いませんが、話題にはなるので、見てもいいかなぐらいでチャンネルを合わせていますが、ネタがかぶる現象だけは何とか快勝してほしいですね。”

「南極大陸」視聴率降下も撮影済みで手を出せず

>「撮影は今年2月から8月まで行われすでに終了。後は、結果を待つのみだが、回を重ねる事に目を覆うような惨状。制作陣からは『キムタクと心中したくない!』という悲痛な声が上がっている」

http://news.livedoor.com/article/detail/6030295/

TBSドラマ「南極大陸」が視聴率急降下中のようです。宣伝も派手に行い、大金をはたいて、国民的スターの木村拓哉さんまで起用して制作したドラマであるにもかかわらず、このままでは視聴率一けた台に落ちることが確実の様子。経営難のTBSにとって崖っぷちにたたされた状況だが、撮影をすでに終えておりどうすることもできないとのこと。指をくわえてみているしか、制作側の手段としてはないようです。”

個性的な名前が流行る芸能人ジュニア

>近年は若い夫婦などが子供に個性的な名前をつける「キラキラネーム」が流行しており、学校の先生が生徒の名前を読めないという事態も起きているほど。

http://news.livedoor.com/article/detail/6001640/

最近子供に変わった名前を付けるのが流行っているようですが、芸能人の子供にも流行っているようですね。中でもキラキラネームと呼ばれる名前を付けるのが流行りらしく、おそらく他人は読めないということが多いようです。確かに、辻希美さんのお子さん二人、希空(のあ)さんと青空(せいあ)さん。これだけでもすでに、読めません。しかしキラキラしてます。こういったネーミングはお子さんへのご両親の気持ちが出ているのでしょうね。”

フジテレビ生野アナが「えいじょう」と誤読

>フジテレビの生野陽子アナウンサーが29日、都内で行われた映画「ステキな金縛り」の初日舞台あいさつで司会を務め、“誤読騒動”を繰り広げた。

http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/10/29/0004582760.shtml

フジテレビの生野アナウンサーが映画「ステキな金縛り」の舞台挨拶で「えいじょう」と誤読をしたようですが「上映」だったそうです。反対に読んじゃったんですね。舞台挨拶でお客さんがたくさん入っている状態で、個性的な役者さんがたくさんいる中ですから、読み落としてしまったんでしょう。しかし、生野アナウンサーほどのお方でも、そういうことあるんですね。結構簡単なミスでした。”